私たちの取り組み/環境への取り組み京都環境保全公社 環境方針

ホーム私たちの取り組み環境への取り組み京都環境保全公社 環境方針

京都環境保全公社 環境方針

京都環境保全公社は環境保全事業を営む企業として、地球環境の保全が最重要課題と認識し、全ての活動を通じて環境保全に取組み、改善・向上を目指すことを基本理念とする。

京都環境保全公社は産業廃棄物に関して一貫処理に取組んでおり、この事業活動を通じて地域の環境保全に貢献できるよう下記のとおり、全社において環境管理活動を積極的に推進する。

  1. 1. 産業廃棄物の収集運搬、分別・破砕、リサイクル、焼却処理、埋立処理にあたっては、適正かつ安全な展開を最優先に取組み、地域環境との調和を目指す。
  2. 2. 事業活動に伴う環境汚染物質の削減と作業工程での環境への配慮に努め、環境汚染の未然防止と継続的改善を推進する。また産業廃棄物を有効に利用する再資源化や廃棄物そのものの減量化及び安定化を積極的に進める。
  3. 3. すべての事業活動において、法律、条例及び地元協定を順守する。
  4. 4. 環境保全・地球温暖化防止の具体的な実践活動について行動指針を定め実施する。
  5. 5. 環境目標を定め、環境管理活動の計画を策定し、協力企業を含めて環境マネジメントシステムを効率的に運用するとともに、実施状況を随時確認し、環境パフォーマンスの継続的改善を図る。
  6. 6. この環境方針は、当社で働く又は当社のために働くすべての人に周知を図ると共に関係者に対しても広報し、協力を要請する。またこの方針は外部へも公開する。

2017年4月1日(改定)
株式会社 京都環境保全公社
代表取締役社長 鍋谷 剛