1. HOME
  2. サステナビリティ
  3. SDGsへの貢献

SDGsへの貢献

SDGs(持続可能な開発目標)とは?

2015年9月の国連サミットにおいて全会一致で採択された「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、
2030年に向けて国際社会が持続可能な開発のために取り組むべき17の目標です。

SDGs一覧

京都環境保全公社SDGs基本方針

私たちは、環境保全事業を営む企業として、
常に高い技術と知識を追求し、
脱炭素社会及び循環型社会の実現に寄与します。

SDGs宣言

京都銀行

京都中央信用金庫

一般社団法人
ソーシャル企業認証機構

京都環境保全公社SDGsの取組み例

SDGs一覧
すべての人に健康と福祉を

健康と福祉

最高責任者を代表取締役をとし、社員一人ひとりがより健康でいきいきと働ける職場づくりを目指して健康経営の推進に取組みます。

ホワイト500継続認定

健康増進組織体制

質の高い教育をみんなに

教育

排出事業者、地元地域や小学校をはじめとする各種団体へ環境教育や施設見学の機会を提供します。

小学校への出前環境教育実施

小学校への出前環境教育実施

JICA 施設見学会開催

ジェンダー平等を実現しよう

ジェンダー平等

社員の事情(妊娠・出産・育児・介護・看護・健康状態等)に配慮した労働環境を整備します。

「ワーク・ライフ・バランスサポート企業」認証

安全な水とトイレを世界中に

最終処分場から河川に放流する水質については、法令による基準より厳しい自主基準値を設定し、その達成に努めてます。

瑞穂センター 放流水水質調査

エネルギーをみんなにそしてクリーンに

エネルギー

すべての事業活動において省エネルギー・省資源に取組み、環境負荷の低減に努めます。

伏見センター高効率廃棄物発電施設
(新3号焼却炉)建設計画

sustainability-sdgs_img33.jpg

伏見センター高効率熱回収施設(3号炉)

働きがいも経済成長も

働きがい・経済成長

社員の安全・健康に及ぼす影響が最小限となるように、労働安全衛生管理を徹底します。

リスクアセスメントの実施

住み続けられるまちづくりを

住みやすいまちづくり

産業廃棄物の一貫処理にあたっては、適正かつ安全な展開を最優先に取組み、地域環境との調和を目指します。

京都市 地域企業輝き賞受賞

sustainability-sdgs_img20.png
sustainability-sdgs_img22.png

横大路洛寿会園芸教室開催

sustainability-sdgs_img21.png

さわやかボランティアロードへの参加

つくる責任・つかう責任

つくる責任・つかう責任

産業廃棄物を有効に利用する再資源化を進め、2030 年には伏見センターにおけるサーマルリサイクルを含めたリサイクル率95%以上を目指します。

sustainability-sdgs_img21.png

RPF固形燃料の製造

プラスチックリサイクルの推進

気候変動

気候変動

地球温暖化防止の具体的な実践活動について行動指針を定めて実施すると共に、災害に遭遇した場合でもいち早く事業が復旧できるように、事業継続計画を策定しています。

sustainability-sdgs_img29.png

エコ京都21 地球温暖化防止部門 ★★★マイスター 認定

sustainability-sdgs_img22.png

京都府排出量削減計画制度 優良事業者表彰

sustainability-sdgs_img20.png
sustainability-sdgs_img22.png

自然災害に対する強靭性強化
BCP止水板設置訓練

取組みの詳細はCSR報告書をご覧ください。

2015年9月の国連サミットにおいて全会一致で採択された「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、
2030年に向けて国際社会が持続可能な開発のために取り組むべき17の目標です。