京都環境保全公社について健康経営の取組み

ホーム京都環境保全公社について健康経営の取組み

健康経営の取組み

健康経営の取組みについて

当社経営理念のひとつ「人を基軸とした経営」を実現するには、社員ひとり一人が健康でいきいきと働くことが基盤となります。
その実現に向け、当社では、社員にとって魅力ある企業であり続けることを目標に健康経営の推進に取り組んでおります。
2018年9月、この取組みを推進するにあたり、「京都環境保全公社健康経営宣言」を制定し、社内外へ広報致しました。
今後も当社では、当社の事業により健康で明るい社会を創れるよう、働く人々をサポートして参ります。

健康経営宣言

当社は、すべてのステークホルダーに「安心・安全・信頼」の
廃棄物処理トータルシステムを提供し、循環型社会推進に貢献していきます。
そのためには、経営の理念である「人を基軸」とした経営を実践し、
社員一人ひとりがより健康でいきいきと働ける職場環境づくりに取り組んでいきます。

2018年10月1日
株式会社 京都環境保全公社
代表取締役社長 鍋谷 剛

健康増進組織体制

全社における従業員の健康維持・増進にむけて、健康担当役員を選任のうえ、
総務・人事課に属する「健康経営推進グループ」が中心となり、健康増進に向けた施策を行って参ります。
また、その施策の推進には当社の安全衛生委員会、保険者である全国健康保険協会の京都支部の担当者、
産業医および健康診断を依頼している京都工場保健会とも連携しております。

組織体制

取組み内容

取組みとして、当社の課題や社員ひとり一人の健康増進につながる取り組みを確認し、42の施策を決定いたしました。主要な項目を以下に示します。

項目 取組み内容 実施規模
健診関連 定期健康診断 受診率 100% 全社/年
特殊健康診断 受診率 100% 特定従業員/年
体制 安全衛生委員会との連携 毎月
産業医との連携 毎月
メンタルヘルス ストレスチェック 提出率 100% 全社/年
研修 全社健康講座
<具体的事例>
・タバコを知ろう
・健康診断の活用術
全社/年
健康増進 インフルエンザ予防接種の補助 保険証交付者/年
生活習慣 受動喫煙対策 全社/随時
働き方改革 残業の抑制 全社/随時
有給休暇取得率の向上 全社/随時
コミュニケーション コミュニケーション機会の提供 全社/随時